クロスカブ(JA45)シートブレナーで安定感アップ! HK CRAFT WORKS / SEAT BURENAR

クロスカブに乗り出してもうすぐ3年になります。

新車購入時からツーリング使用がメインですが、山間部のワインディングロードを気持ちよく流していると、カーブでお尻を踏ん張る時などシートがブレることがよくありました。

気持ちよく走っている時に起きる、不快な腰砕け感が地味〜に気になっていました。

「シートブレナー」はその名の通り、シートのブレを止めるシートブレな〜い商品なんですw。

なんともキャッチーなネーミングですが、効果の方は思った以上!
取り付けは簡単なのに、足回りをカスタムしたように安定感がアップしました!

シートブレナーを取り付けて2年程乗ってます。
シートブレナーのおかげでキャンプやタンデムなど積載時でもワインディングロードを安定して走ることができます。今回は取り付けから、実際装着してツーリングを重ねた感想までご紹介します。

シートブレナーとは

前述した通り、シートブレナーの役割としてはシートのブレを止めることです。

クロスカブのシートはボルトで固定されているわけでもキーロックの機構があるわけでもなく、ただ吸盤で固定されているだけ。

手で簡単に開け閉めできるのはいいのですが、吸盤では固定性が低く特に荷重時の左右のブレが目立ちます。
私はバイクに跨った時や、カーブでグッと踏ん張る時など特に気になりました。

絶対に必要なパーツ…ではないものの、実際同じような悩みを抱えているカブ乗りさんも多いです。

そんな悩みを解決してくれる神パーツ、それが「シートブレナー」


「HK CRAFT WORKS 」という金属工業の会社が作成されています。
バイクパーツだけでなく、さまざまな鉄鋼部品を扱われているようです。

もちろん信頼の日本製。造りや塗装など質感が高く、普段目に付かないパーツとは思えない造り込みです。
眺めているだけも満たされる系のパーツですw。

私はナナカンパニーさんのオンラインストアから購入しました。
https://nanacompany.ocnk.net/product/919
価格は税込み¥6600。

メーカーHPは下記URL
http://www.hk-craftworks.com/product/seat_burenar/

では早速取り付けてみましょう。

 

超簡単!シートブレナー取り付け


シートを開けて見える、矢印2箇所のナットを外す。

 

シートブレナーを先ほど取り外した純正ナットで固定…

作業は以上で終了!超簡単です(^^)

 

仕組みとしてはシート裏中央にあるこの穴に、シートブレナーの突起がはまってシートのブレが止まるという単純な仕掛け…

ですが、この単純ながらもなかなか思い付かないこの機構を、安かろうではなくしっかりと高品質のパーツとして仕上げてくる辺りに職人魂を感じますし、カブユーザーの気持ちに寄り添う優しさには敬意を表します。


やるな〜、HK CRAFT WORKS !

 

2年ほど乗ってみて…ほぼメリットしかない

シートブレナーは元々カブ仲間(JA44)が取り付けていたので、その効果についてよく聞かされていました。

正直私自身¥6600という価格がこれだけのパーツにしてはちょっと高いな…と二の足を踏んでいましたが…

結果として…

もっと早く付けておくべきだった!

「SEAT BURENAR(シートブレナー)」を装着すれば、すぐに実感できる走行安定性を得ることが出来ます。
見違えるほどの操作性!サスを変えたかと思うほど乗り心地!

装着して走行すれば自然と笑顔がこぼれます。
より安全で快適なロングドライブもお約束します。

まさにメーカーHPで謳っている通りで、「見違えるほどの操作性!サスを変えたかと思うほど乗り心地!」と言うのも大げさではなくマジです。

特にカーブを曲がるときのシートのズレによる腰砕け感がなくなり、しっかりとシートを通して車体が踏ん張ってくれているのが伝わります。

上手く言えませんが、とにかく…めちゃくちゃ安定性がアップして乗りやすくなった!
シートがしっかり固定されているので、バイクに跨ったときのズレもありません。

シートブレナーを取り付けて約2年、ツーリングメインに乗ってますが、シートブレナーのおかげでストレスなくツーリングを楽しめています。

見た目はゆるいカブでも、乗り味はしっかりとバイクに変身します。

 

シートブレナーで快適カブライフを!

元々ビジネスバイクということもあってか、シートは簡易な吸盤固定でも問題ないのでしょう。しかし私のようなツーリングライダーにとっては走行時の乗り心地も気になる所です。

「シートブレナー」は少々価格がお高い気もしますが、高品質で取り付け簡単、そして体感できる効果も高く費用対効果は非常に高いです。

街乗りだけでなくワインディングも楽しく走りたいツーリング派にはオススメのカスタムパーツです。