コールマン「ファンチェア」 サッと展開、意外と使えてコスパ良し!

エブリイの常時車載用に、サッと使える手軽なサブチェアを購入しました。

コールマン「ファンチェア」

私は20代の頃からソロキャンプにハマり、かれこれ20年ほどキャンプをしています。

長年キャンプをしていると増えがちなアイテムの1つがキャンプチェアです。

収束型から折りたたみ式、組み立て式、ハイチェア、ローチェア様々なキャンプチェアを使ってきました。

近年ではヘリノックスタイプが主流ですが、今回新たに追加したチェアは原点回帰、ワンアクションの収束型のチェアです。

サッと使えるサブ機として購入しましたが、しばらく使ってみて予想外に良かったのでご紹介します。

 

価格・購入について

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥2,803 (2024/06/21 20:40:38時点 Amazon調べ-詳細)

私はAmazonにて¥2,500ぐらいで購入しました。

メーカー希望¥3,190ですが、各ショップ実売は¥2,500〜¥3,000ぐらいで販売されてます。

「コールマン」ということを加味して、価格だけで見ると安価な部類に入ると思います。

 

基本スペック

以下メーカー説明です。

商品詳細

手軽に持ち運べる快適収束型ローチェア

■軽量・コンパクトで持ち運びが簡単
■折りたたみ収納で簡単設営・撤収

●使用時サイズ:約450×540×660(h)mm
●収納時サイズ:約150×130×680(h)mm(収納時)
●重量:約2.2kg
●耐荷重:約80kg
●材質:シート/ポリエステル、フレーム/スチール
●仕様:背面ポケット
●座面幅:約450mm
●座面高:約310mm
●付属品:収納ケース

数値だけ見てもピンときませんが、通常のコンパクトな収束型チェアよりはひと回り大きいサイズ感です。

フレームはスチール製なので、重量は2.2kgと軽量…とは言えないかな。

スペック的に特筆するものがないように見えたのですが、決め手となったのはカラーが「コヨーテ」だったこと。

フレームの黒と相まって見た目が気に入りポチりました。

実際に使ってみて良かった所

①ミリタリーカラーが渋い

一昔前のコールマンといえば赤や青の爽やかなカラーでしたが、こちらはミリタリー系カラーの「コヨーテ」。


購入の決め手となったこのカラーがなかなかカッコイイ。

 


私は実用性重視の物選びなので、これ見よがしなコールマンロゴも気になりません。

 

②ワンアクションがとにかく楽!


収束型チェアの最大のメリットがワンアクション展開です。

アウトドアでは、キャンプ以外にもちょっとした休憩で使いたいシーンが結構あったりします。

私はヘリノックスのチェアも車載してますが、組み立てが面倒なのでキャンプ以外で使うことはあまりありません。

面倒な組み立ての必要がないワンアクションのチェアは、ちょっとした休憩でも手軽に使う気になります。


先日の車中泊キャンプでは、タープを使ってなかったので夜間車内に積みましたが、そんな時も片付けがすごく簡単に済みました。

とにかくワンアクション展開のメリットは使ってみるとよーく分かります。

 

③座り心地がGOOD!


見た目はキッズ用のコンパクトチェアですが、座面幅が約45cmと実物は意外と幅広。


よくあるコンパクトチェアと並べるとよく分かります。

実際に座ってみると「意外と座り心地ええやん…」と感じました。

 


また高さが約31cmということですが、低すぎず高すぎずちょうどいい。

私はいわゆるローチェアは立ち上がりが苦になり腰も負担がかかるので苦手です。
このファンチェアの高さは立ち座りしやすく、手持ちのテーブルと相性も良く使いやすいサイズ感です。

④シンプルで頑丈


フレームはスチール製、重くなる等のデメリットはありますが頑丈です。


生地とフレームの接合部。
大体この部分から劣化します。安物はすぐ破れてきますがこれはしっかり補強されています。

雑に扱えるのもアウトドアチェアとしては良いポイントですね。

 


バックレスト裏のポケットは何気に便利です。

他はアームレストなどの余計な装備もなく実にシンプル。

映えなどの優越感や所有感を満たすことはないけど、バロメーターを実用に振ったシンプルさが良いです。

⑤安い

実売価格で¥2,500〜¥3,000と激安ではありませんが、ある程度の品質は期待できるコールマンのコンパクトチェアとしては納得の価格です。

この価格という面でも扱いに気を使わず雑に使えますね。

デメリットについて

低価格帯の簡易コンパクトチェアということを前提に、実際に使ってみて感じたデメリットをお伝えします。

①超コンパクト…ではない


収束型なので当然ですが、ヘリノックスのようにコンパクトではありません。

私はエブリイに常時積載してますが、屋根上のルーフボックスに収納してます。

収束型チェアも色々ありますが、その中ではコンパクトな方です。

②超軽量…ではない

前述した通りフレームはスチール製です。

重量2.2kgと重くはないんですけど、軽量な方でもありません。

③収納袋がちゃちい

これはコールマンあるあるな気がします。

収納袋ペラペラ、ドローコードの縫製も雑。

私は収納袋使わない派なので特に気になりませんけど…

 

まとめ…簡易だがしっかり使える「良」チェア

今回、サブチェアとして購入しましたコールマン「ファンチェア」、実際に使ってみてソロキャンプのメインチェアとして快適に使えるということがわかりました。

価格も安く、見た目や使いやすさなど非常にバランスの良い、ハイコスパなアウトドアチェアです。

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥2,803 (2024/06/21 14:55:25時点 Amazon調べ-詳細)

シーズンによりカラーが変わることが多いので、コヨーテ狙いの方はお早めに。