お手軽!DCM「ハーフメッシュテーブル」組み立て不要ですぐ使える!

今回もエブリイ車載用のキャンプグッズの紹介です。
もちろん車中泊以外にも使えるキャンプ用テーブルです。

車中泊にプラスしての簡単キャンプの際に、サッと展開できるコンパクトなソロテーブルとして購入したのが…

DCM「ハーフメッシュテーブル」
昔からあるタイプの折りたたみ式キャンプテーブルです。

今はキャンプ道具全般、商品が溢れていてテーブルに関しても実に様々な種類があります。

今回紹介するDCM「ハーフメッシュテーブル」は展開が簡単なソロサイズコンパクトテーブルです。
実際使ってみると、サッと使える手軽さもありますが、絶妙なサイズ感でミニマムなソロ用としても、デイキャンプや物が多い時のサブテーブルとして…など意外と出番が多く便利に使えてます。

 

購入・価格

created by Rinker
DCMブランド
¥3,278 (2024/05/21 07:25:27時点 Amazon調べ-詳細)

販売価格は¥3,278(2024年4月現在)
私はDCM店舗にて購入しました。

DCMは各地に店舗があるので現物確認もしやすいです。
サイズ感などは店舗で確認できます。

価格に関しては、同じような折りたたみ式テーブルと大差ないかな…大体¥3,000前後でした。

 

基本スペック・特徴

基本説明
●スキレットなど熱いものも直接置ける半分メッシュの便利なテーブル。●およそ半分の大きさにたたんで収納が可能です。

■商品説明
●商品サイズ:使用時(約):幅47cm×奥行30cm×高さ18.5cm。収納時(約):幅30cm×奥行24.5cm×高さ4.5cm。重量:約1.0kg。

メーカーHPより

サイズは数字として表記されてますが、材質が分かりません。


メッシュ部分は熱いものも置けるということなので、金属でしょうがスチール?アルミ?
メッシュと反対の天板は木製の化粧板かな…表記は適当です。まあ細かいことは気にするなということでしょうw。

ここで注目はサイズです。
展開時の47×30cmというサイズは、思ったよりコンパクトだな…という印象です。

同じようなハーフメッシュタイプでは60×40cmサイズが多いですが、DCMはひと回りコンパクトです。

半分メッシュ素材、コンパクトサイズ…この2点がDCM「ハーフメッシュテーブル」の大きな特徴になるかと思います。

実際に使ってみて良かった所

購入から数ヶ月経過し、何度か使ってみて良かったところをお話しします。

展開が簡単!

展開の早さ・簡単さがこのテーブルを購入した最大の理由です。

パッと広げて脚を出せば即セット完了!
煩わしい組み立ても必要なし。収納ケースすらないのが潔いですw。

キャンプ以外でも、釣りの途中やデイキャンプなどちょっとテーブル使いたいって時にサッと使えサッとしまえます。

以前紹介したコールマン「ファンチェア」とのお手軽コンビは気に入ってよく使ってます。

絶妙なサイズ!

そもそもの目的が簡易的に使う常時車載用のサブ的なテーブルとして購入しましたが、47×30cmというサイズが非常に使いやすく、ソロキャンプで使用した際にメインテーブルとしても十分使うことができました。

パッと見はメインテーブルとしては少し小さいと感じます…

しかし、コンパクト装備ならバーナー・コッヘル・プラスαと食事用の道具も並べることができました。

大きくはないが、小さすぎずメインからサブとしてまで幅広く使える絶妙なサイズです。
いろんなシーンで使ってみてその良さがジワってきました。

 

もちろん折り畳んだサイズもコンパクトで薄いので、収納・積載しやすいです。
重量も約1.0kgと比較的軽量なので、バイクのキャンプなら十分持ち出すことは可能です。

機能的なハーフメッシュ

テーブルのハーフメッシュ部分は熱いものも直接置ける耐熱性があります。

そしてメッシュは水切れが良いので、濡れた食器もひっくり返して放置しておけば乾燥できます。
メッシュも細かいので置いてる物が落下するリスクも低いです。

半分は普通の天板なので安定して物を置くことができます。
コンパクトなサイズで両方の良い所を押さえてるので機能的にも使い勝手が良いです。

シンプルなデザイン

カラーは引き締まったブラックで、メーカーロゴもなくスッキリ。

このシンプルなデザインはどんなキャンプスタイルにも合わせやすいです。

 

デメリットは価格?

販売価格は約¥3,000、ホムセンのPB商品としてはもう少し安くても良いかなと思いますが…

同サイズのキャンプテーブルの中でも、価格帯は低い方なので品質的にどれぐらいの耐久性があるのか…その点も少し気になるところではあります。

その点、コレクターアイテムではなく、使いきりの実用品と割り切ってガンガン使っていける商品ですね。

まとめ…意外と使える名脇役

ただ展開が早い…ということで選んだDCM「ハーフメッシュテーブル」ですが、サブからメインまで万能にこなす名脇役なキャンプテーブルでした。

キャンプにおいて設営撤収の早さは非常に重要です。その点展開の早さ・簡単さもあり、ソロキャンプなら十分メインとしても使える絶妙なサイズ感、かと言って大きすぎず収納しやすい、そして見た目もシンプルでまあまあカッコイイ。

すでにキャンプ用テーブルを複数お持ちでも、その隙間を埋めてくれ十分活躍の場があると思います。

created by Rinker
DCMブランド
¥3,278 (2024/05/21 07:25:27時点 Amazon調べ-詳細)

PB商品はサイクルが早いので、在庫ある内にポチッとどうぞ!
お近くに店舗があれば一度手に取って見てください。