キャンプサイトに1台、頑丈・便利!ビジョンピークス「ヘビーデューティベンチ」

またまたヒマラヤさんのオリジナル、ビジョンピークス商品を購入しました。


ヘビーデューティベンチ
その名のまんま頑丈なベンチですw。

ベンチ以外にもキャンプではギアスタンドとしてサイトを使いやすく整理できます。
価格もリーズナブルでアウトドアでの激しい使用に耐えるタフネスなベンチ。

実際店舗では全く目立ってませんでしたが、私はシンプルで無骨なルックスのミリタリー感ある雰囲気に一目惚れしての衝動買いでした。

実際に1泊の車中泊キャンプで使ってみましたので、使用感を含めてレビューしていきます。

 

価格・購入

created by Rinker
visionpeaks (ビジョンピークス)
¥1,990 (2022/06/25 10:07:29時点 Amazon調べ-詳細)

価格は税込¥1,990、私はヒマラヤ店舗で購入しました。
これは実物を確認できるので、店舗での購入をオススメします。

よくある簡易ベンチとしては標準的な価格帯ですね。

ヒマラヤオンラインストアの商品ページは➡︎コチラ

防水天板、樹脂塗装フレームで雨に強くタフに使えるベンチ。
ジャグ、クーラーなどギア用のスタンドとしてもおすすめ。
■サイズ:
外形寸法/幅101.8cm×奥行28.0cm×高さ40.0cm
収容寸法/幅101.8cm×奥行28.0cm×高さ3.5cm
■素材:
甲板の種類/ポリプロピレン
構造部材/金属(スチール)
構造部材の表面加工/エポキシ樹脂塗装
■重量:約2.96kg
■耐荷重:約150kg(天板に均等に静止荷重を加えた場合)
■原産国:中国

基本スペックはこの通り。
さすが「ヘビーデューティ」、防水仕様や耐荷重性の高さが特徴的です。

実際に使ってみて…メリット・デメリット

キャンプ当日に購入して速攻で使用しました。
ある程度、このベンチの使い道は考えていたのですが実際に使ってみて感じたレビューです。

メリット

①使い道いろいろ

ベンチと言えば腰かけイスのイメージですが、頑丈なこちらのベンチはテーブルやギアスタンドとしても使えます。


キャンプシーンでは到着から撤収まで、サイトに1つあると何かと便利です。

②かんたん展開&収納

私はゆっくりキャンプを楽しみたいので、セットするのに手間のかかる道具はあまり好きではありません。

このベンチは展開収納がめちゃ簡単です。

展開↓

脚を開く…以上!

収納↓

赤いレバーを押して、脚をたたむ…以上!
ストレスゼロ!


この赤いレバーはポッチを押し込むサポーターです。確かにポッチの押し込みって地味に指先が痛いですよね。
女性や子供にとってもこの細かい気配りはうれしいです。

収納袋などないのも潔し!

③意外と軽量・コンパクト


価格帯としては安価な部類に入るので、フレームの素材はやはりスチール製…強度は高いけどそれなりの重量です。

しかし持ち上げてみた感じとしては…「あら?軽い?」

フレームはスチール製ですが、天板部分がポリプロピレン製、つまり軽量なプラスチック製になってます。
カタログスペックとしては2.96kgですが、実際持った感じとしてはもう少し軽く感じました。


そして、天板は108×28cmとそれなりの大きさですが、収納すれば厚みがたったの3.5cmとかなり薄くある意味コンパクト。
工夫すれば積載にもそれほど影響なさそうです。

④耐久性が高い…タフネス!

カタログスペックでは耐荷重150kgとベンチとしてもギアスタンドとしても十分な数値。


天板もプラスチック製ながら裏側を見ると耐荷重性が上がりそうな立体構造になってます。
もちろんフレームはスチール製ということで、頑丈な造りになってます。


また天板は防水生地が貼り付けられていて、錆びやすいスチール製のフレームは水分を通さず錆びにくいエポキシ樹脂塗装です。

ヘビーデューティベンチの名の通りのタフネス仕様に仕上がってますね〜。

⑤見た目がカッコイイ!


グレーの天板に、デコボコした塗装のブラックフレーム…軍放出品と言っていいぐらい無骨でシンプルな見た目がカッコイイ。
前述した通り私はこの見た目が好きで即買いしました。


キャンプサイトの片隅に置いていても違和感なく馴染みます。

ここが気になる…(デメリット)

①踏み台としては✖️

耐荷重は150kgというスペック上は踏み台としても使えそうですが、注意書きにもあるようにこの上に立ってはいけません

耐荷重150kgは「天板に均等に静止荷重を加えた場合」ということなので、ベンチの上に立つなどの無理な荷重をかけると壊れる危険性があるので注意しましょう。

②防水天板のデメリット

天板は防水性がありアウトドアでもタフに使えるようになってます。


よく見ると表面の防水生地が、接着とリベットで貼り付けられているような仕様です。
ここの接着が劣化しないか少し気になります。


また表面は滑りやすくなっているので、テーブルとして使うときは落とさないように注意が必要です。
画像のタフまる君はけっこう滑りました(^^;;

そして私は開封してすぐに気づいたのですが、表面にキズがありました。
この天板生地の特性上キズが付きやすいのかなとも思いました。
使っているうちにキズはつくでしょうが、気になるのであれば購入時に確認しておいた方がいいでしょう。

③積載問題…

前述した通り、たたむと厚さ3.5cmととても薄く収納できます。
ただ長さが101.8cmとなかなか長いです。


エブリイの荷室には縦に入りませんでした。


横にすれば問題ありませんが、他の車種によっては積載しにくいかもしれません。

動画紹介

この「ヘビーデューティベンチ」初使用時の車中泊キャンプの動画です。
動画内でも少し紹介しています。

まとめ

見た目が気に入っての衝動買いから、即日キャンプで使ってみましたが結論として非常に満足してます。

カッコいい見た目だけでなく、細かい点まで使いやすくて耐久性・実用性の高いベンチです。
トータルとして、これで¥1,990はリーズナブルだといえます。

created by Rinker
visionpeaks (ビジョンピークス)
¥1,990 (2022/06/25 10:07:29時点 Amazon調べ-詳細)

とりあえずでポチってもOK!
同シリーズのテーブルもありますが、私はこのベンチ推しです(^^)