Fozzils(フォッジルズ)「スナップフォールドソロパック」軽量コンパクトな折りたたみ式食器

軽バンでの車中泊では積載力が高いので、よく使用する車中泊用品は常時積載してます。

そうすることで車中泊の準備も楽になりますし、常時積載品が車中泊以外でも不意に役立つことも多々あります。

そんな車内常時積載品として、新たに追加した道具がこちら…

Fozzils(フォッジルズ)「スナップフォールドソロパック」

こちら珍しい折りたたみ式の食器3点セットです。

UL系のアウトドアギアでは結構定番アイテムです。

私はこのコンパクトな食器セットを、アウトドア…ではなく車中泊をメインとした常時車載品としてゲットしました。

購入・価格

created by Rinker
Fozzils(フォッジルズ)
¥2,640 (2024/07/25 04:46:50時点 Amazon調べ-詳細)

Amazonでは約¥2,000弱で販売されていますが、在庫状況やショップにより価格はマチマチです。

モンベルでも正規品の取り扱いがあり、そちらでは税込¥2,310(2023年10月現在)となってます。

ヒマラヤなどの用品店でも取り扱いがあるので、実店舗でも見つけやすいかもしれません。

 

特徴


ソロパックはカップ・ボウル・ディッシュの3点セット。

 


組み立ては折り目に沿って折り、スナップボタンでとめるだけと非常に簡単です。

以下メーカー説明です。

【素材】(本体)ポリプロピレン、(スナップボタン)ポリアセタール
【重量】(カップ)33g、(ボウル・ディッシュ)40g
【カラー】グレー(GY)、ホワイト(WT)
【容量】(カップ)250mL、(ボウル・ディッシュ)500mL
【収納サイズ】(カップ)20.8cm X 23.8cm、(ボウル)22.3cm X 25.2cm、(ディッシュ)25.2cm X 22.8cm
【耐熱温度】105度
【耐冷温度】-25度

BPAフリーのPP素材、それぞれ絶妙に使いやすいサイズ感です。
もちろん軽量コンパクトなことは言うまでもありません。

メーカーのPR動画もありますので参考までに。

 

実際使ってみて感じたメリット

購入からしばらく経過しますが、先日の車中泊キャンプでようやく使うことができました。

私の使用用途としては、元々緊急用の車載品として購入したので今後も使用頻度はそれほど高くないかもしれません。

①コンパクトで収納しやすい


本体を広げると薄くて軽くてコンパクトになります。
カップ・ボウル・ディッシュの3点は全て同じようなサイズに収納できます。

この3点は使用用途も容量も異なりますが、収納時は全て同じようなサイズにまとまるギミックは非常に実用的です。


広げたサイズは少し大きくも感じますが、3点のサイズが揃っていて、薄いのでちょっとした隙間に収まります。

私の場合、出番が少ないであろう緊急用と考えているので、常時車載といえ場所は取られたくないので、このコンパクトな収納性は大きなメリットです。

②使いやすい3サイズ


カップは250mlとコーヒーを飲むのにちょうどいいサイズ。耐熱温度が105度なので熱湯もOKでしょう。


250ml計量目盛りが付いてます。


ボウルは容量500ml、鍋物の取り皿やスープ、サラダボウルとしても使いやすいサイズ。


こちらも500mlの計量目盛りが付いてます。


そしてディッシュ、こちらもボウルと同じ500mlサイズ。
私はこの皿が一番欲しかったのです。


カップやボウルに関しては、マグカップやシェラカップでいいのですが、このサイズの皿になると結構嵩張るのであまり好んで持ち運びしてません。

ですが、フォッジルズのプレートは皿としても程よい大きさがありつつコンパクトと求めていた機能を持ち合わせています。


実際にキャンプで使用した感じでも、使いやすいサイズで皿としての使い勝手に不満はありません。

外遊びしていても意外と皿が欲しいシーンってあるんですよね。


同じようなサイズの3点とフォッジルズ3点を並べてみました。
食器としては大体同じサイズです。


収納時は圧倒的にフォッジルズがコンパクト。
ULキャンプだけでなく、常時車載ギアとしてもスッキリ収納できます。

③お手入れ簡単


カタログにも汚れや匂いが付きにくいと表記されてますが、実際軽い汚れなら水で流してペーパーで拭き取るだけで簡単に汚れが落ちました。

キャンプで焼き鳥を置いた後の油汚れは、お湯でサッと流してペーパーで拭き取るだけでも綺麗になってました。

アウトドアではなるべく水を使いたくないシーンもあるので、簡単に汚れを落とすことができるメリットは大きいです。

多少汚れが残っていても、帰ってからしっかり洗えばいいですね。
その際も食洗機対応なので、しっかりと洗浄・乾燥までできて衛生面でも安心です。

 

④まな板として使える


3点とも広げるとまな板としても使えます。

食器を使うと言うことは調理することも多いので、食器とまな板と兼用できるのは便利です。

まな板としてもソロでの調理なら十分な大きさがあるので、意外と実用的に使えます。

⑤デザイン良し!

Fozzilsは(多分)アメリカのメーカーで、等高線のデザインがなかなかオシャレです。

お菓子や焼き鳥ののせるのは何か違う気がしますが、オシャレ系のキャンプにもいいのではないでしょうか。

ここはイマイチ…かな?

①薄くコンパクト…だが面積がかさばる


収納場所によってはこの面積の広さがネックになってくる場合もあります。

 


ボックスの隙間に収めたいけど少しはみ出る…惜しい!

②直火はNG

当然ですがポリプロピレン製なので直火はNGです。


シェラカップのように湯沸かしまで1つでOK…とはいきません。

湯沸かしが必要な場合は別途コッヘルが必要になってきます。

③スナップボタンの耐久性がやや不安


組み立てていて気になったのが、スナップボタンへの負荷…


頻繁に付け外しするので、ボタンの破損が少し心配です。
付け外しは丁寧に行ったほうが良いでしょう。

 

まだ使い始めて間もなく、使い道が非常用ということなので、それほど神経質にデメリットは感じません。

他に考えられるデメリットとしては…
・価格
・組み立ての手間
・耐久性
と言ったところでしょうか。

その点もそこそこ厚みのある素材で繰り返し使えるということなので、スナップボタンの不安はありますが、たまに使う程度なら耐久性も問題ないでしょう。
また組み立てもスナップボタンで留めるだけなので、面倒くさがりな私でもストレスは感じないレベルでした。
後は価格…これも品質や折りたたみ食器の本家という事を考慮すれば妥当だと思います。

用途が合えば買ってヨシ!


定番の金属製コッヘルなどに比べると少し使用用途が限られてきますが、前述したようにメリットも沢山あるので、合う人には合う食器セットではないでしょうか。

私は冒頭に述べたように、車中泊や普段の外遊びの中で不意に食器が欲しいシーンがあったので、邪魔にならずに車載しておけるこのソロパックを購入しました。

created by Rinker
Fozzils(フォッジルズ)
¥2,640 (2024/07/25 04:46:50時点 Amazon調べ-詳細)

車で遊びに出かけた時にきっと役立つことがある!…と信じてボックスに収納しときます。